Kickbox

気になってたVST、SoundSpot Kickboxが98%OFFの$1だったので購入してみた。

説明とかをざっと読むとKick Drumに特化したVSTでEQ、Compressor

Limiterが一つになったもの。

リミッターに関してはユーザーがいじることはできないっぽい。

Studio Oneに関してだけかもしれないがVST3はプリセットが出てこないので

VST2で使用。

上の左からKickに重要な低域、中域、高域をいじれて

下はCompressor。

上のマークを押せばEQがOFFになるのでCompressorだけ

使用するみたいな使い方もできそう。

つまみを説明すると左は目立たせたい3種類の帯域

右のノブは左のノブで決めた帯域をブースト。

プリセットも試してみたけどよく出来てるよコレ(笑

生ドラムのKickに挿してもいい感じでした。

音をタイトにも膨らませたり歪ませたりもできるのでまぁ$1でお買い得感はある。

ちなみに購入サイトはココ

このサイトはいきなり90%OFFとかやるのでこまめにチェックしてる。


2018-02-13 | Posted in VSTNo Comments » 

Xfer RecordsSerumとプリセット

作曲家とかクリエイターと話をするときに話題に上がるソフトシンセ

「Xfer Records Serum

基本さえ押さえてしまえば自由な音創りができてサウンドも太くとてもいいサウンド。

しかしシンセ初心者にはかなり難解な部分が多いのも事実。

そんな初心者でも少しの出費で流行りのプリセットが買えるのでこれを利用しない手はない。

自称上級者な人たちは自分でサウンドを作ってなんぼ…とかウザイが無視しましょうw

そこでFREEでDEMOのプリセットを配布しててドラムサウンドまで入ったものが結構アチコチの

メーカーから出てるのでそういったものをダウンロードしてシンセメイキングを勉強するっていう

方法もあるので活用しましょう!

今日みつけたsurgesoundsというメーカーのWellcome Packと言うものを使ってみたがかなりの

クオリティでドラムサウンドも一緒に入ってるという超太っ腹!

もちろん気に入ればそのジャンルのプリセットを購入することもできます。

その無料のサンプルパックを使って今年はやるであろうFUTURE  BASSを

ワンフレーズ打ち込んでみたので参考になれば幸いです。

 

 

ダウンロードは下記のリンクから飛んでメールアドレスを打ち込むだけ。

FREE Welcome Pack

2018-01-09 | Posted in VSTNo Comments » 

Studio oneのAddictive Drums2 ドラムマップ

Studio oneでAddictive Drums2を使う時ドラムマップがある方が何かと便利。

簡単な設定とドラムマップデータを置いておくのでご自由にどうぞ!

まずはドラムマークの赤い丸印をポチッと

赤い四角の部分にダウンロードしたマップデータを
ドラッグ&ドロップ

ドラムマークの横のスパナマークをポチッとすると
このような画面が出るので赤い矢印部分の(+)を
ポチッとすると・・・

このドラムマップをプリセットとして保存できるので

保存して終了。

このプリセットを使うときはドラムマーク→スパナ→プリセットを選んで使用。

ドラムマップを使って作業効率UPしちゃってください♪

んじゃデータ置いておきますね。

ドラムマップダウンロード

2018-01-06 | Posted in VSTNo Comments » 
Twitter
facebook
niconico